MENU

女性の薄毛の対策として

30代前半、女性ですが、薄毛でとても悩んでいます。もともと、毛の量は少ない方ですが、30代に入ってから急激に抜け毛が植えてきました。とくに頭頂部が明らかに薄くなってきて地肌が見えるほどになっています。地肌も脂っぽくて、夜洗っても次の日の夕方にはべたつきニオイもあります。色々調べていると「若年性脱毛症」ではないかと思っています。今20代〜30代の若い世代で薄毛が年々増加しているというのです。「若年性脱毛症」とは、ヘアサイクルの異常で若くして髪の毛が薄くなってきてしまう病気だそうです。原因は様々あるようですが、一つ目は、「無理なダイエット」です。身体に負担がかかる食事制限や断食など行うことによって、本来髪に必要なたんぱく質などの栄養分が頭皮や髪に行き届きません。
髪の毛9
そのことによってホルモンバランスが崩れ薄毛の原因になると言われています。そして二つ目の原因は、「ストレス」です。とくにストレスの原因とされる90%以上が人間関係と言われている中、若い女性にとって職場でのストレスは大きいものになります。ストレスによって自律神経が乱れ、身体の血の巡りが悪化します。そのことにより髪の成長を妨げまた白髪にもなりやすくなります。最後は「カラーやパーマ、スタイリング剤のダメージ」です。頭皮や髪を傷つけ大きな負担がかかり次第に髪が細くなり抜けてしまうといった原因があります。これらの原因から薄毛に次第になっていったと確信しています。対策としは、まず、シャンプーは石鹸シャンプーに変え、優しくマッサージしながら洗いながすことにしました。ここで大事なのは、スタイリング剤の洗い残しがないように丁寧に洗う事です。

 

そしてリンスも酢をお湯で薄めて洗うようにしました。石鹸シャンプーに変えた事により、気になっていた頭皮のべたつきニオイが今までより気にならなくなりました。また血行が悪くなると頭皮まで行き届かずに髪が育たなくなります。そこで就寝前に小豆を袋に入れレンジで温め首や肩におきます。一日の疲れがスーッととれ身体が楽になり心もリラックスできます。ストレスも溜めこまなくなりました。実践し1ヶ月経った頃ですが、髪の質が明らかに変わり、ハリやコシがでてきました。肌に合った優しいものそして心のバランスを整えることが、地肌と髪の毛を健やかに育てるのだと感じます。